ムシムシランド

ムシムシランド

『ムシムシランド』のある田村市(旧常葉町)は、葉タバコの生産が盛んな町でした。葉タバコの肥料となる腐葉土に、沢山のカブトムシの幼虫が育っているを発見したのがきっかけで、カブトムシを軸とした町おこし事業が始まりました。
そして1989年、自然の中でカブトムシの生態をつぶさに観察できる、日本初のカブトムシドーム『カブトムシ自然観察園』をオープンしました。
コンセプトは、「触れ合い」。ご来場いただいた皆さまに、常駐のスタッフが、昆虫の飼い方から生態まで、丁寧にご説明するだけでなく、展示昆虫や生きているカブトムシなどと、直接触れ合える時間を提供しています。

沿革

1988

カブトムシ自然王国建国し独立を宣言(常葉町)

6月4日を『ムシの日』に制定

1989

カブトムシドームオープン

1990

ムシムシランド「カブト屋敷」オープン

ムシムシランド建設開始

1991

スカイパレスときわオープン

1992

常葉町 PR キャラクター「カブトン」誕生

「こどもの国ムシムシランド」として各種遊具施設オープン

ローラー滑り台

ハニービーリフト

オニヤンマゲレンデ

ポニー広場

ビートルスライダー

ムシムシスカイサイクル

2001

うつくしま未来博会場(須賀川市)でカブトンがカブリンと結婚式を挙げる

常葉町内の小学生約200名がパレードに参加

2004

カブトムシこどもサミット開催

常葉町の小学生の他、沖縄・兵庫・東京・仙台から約300名が参加

カブっち誕生

2011

東日本大震災

緊急時避難準備区域に指定(同年9月30日解除)により「こどもの国ムシムシランド」が営業休止

2012

カブトムシ自然観察園 営業再開

2017

「こどもの国ムシムシランド」遊具施設を撤去

2018

カブトムシ自然観察園とカブト屋敷の呼称を「ムシムシランド」に統一

世界三大奇蟲展開催

2019

世界のカブ・クワ総選挙開催

グリルマウンテンオープン

©︎ムシムシランド All rights reserved.